top of page

​一時立入について

★装置の搬入搬出、実験の見学などで、ユーザー登録のない方が実験ホールに立ち入る場合は、事務局まで事前にご連絡ください。
放射線管理区域一時立入承認申請書をこちら
からダウンロードいただき、FSBL事務局へメール添付にてお送りください。
手続き完了後に、線量計の受け取りや返却について、ご連絡いたします。
*専用施設への立ち入り申請は、専用施設事務局経由での申請となります

*ご参考 理研播磨事業所 安全管理室のページ

★持込実験装置の事前設置確認、打合せなどで、ユーザー登録のある方(様式5-1提出済み)が実験での来所以外で実験ホールに立ち入る場合は、事務局まで事前にご連絡ください。
利用申込書(課題外の調整来所)をこちらからダウンロードいただき、FSBL事務局へメール添付にてお送りください。

手続き完了後に、カードと線量計の受け取りについて、ご連絡いたします。
*利用申込書の提出は、専用施設事務局経由での提出となります。

*ご参考 UserInformationサイト 実験装置調整のための来所手続きについて

荷物の発送について

液体ガス窒素ガスについて

窒素ガスについて

少量(たとえば数百ミリリットル/分、24時間の連続使用)程度であれば、BL備え付けのN2ガスを使用していただいて構いません。
大量のN2ガスを利用する場合は、N2ガスを購入してください。

ボンベ一本は7000Lです。大量とは2000L以上のことを指します。

 

[購入方法]
事務局までご連絡をお願いいたします。
手順とテンプレートをご連絡しますので、業者と直接やり取り、または、事務局が間に入って発注いたします。BL担当者をCcに入れていただけると嬉しいです。

液体窒素について

2022年B期より、専用ビームラインのユーザーもSPring-8備え付けの液体窒素を利用できます。
液体窒素くみ出し場所に備え付けのBL03XUユーザー用の記録簿に、採取量ほか必要事項をご記入ください。

*記録簿のフォーマット*

bef5053a03044edd2fe44622a1fc842d-2048x1447.jpg
IMG-6290_LI-768x1024.jpg

紫のファイルのFSBL専用の記録簿に記載してください。

[液体窒素を大量に使用する場合]


実験で液体窒素を100L(ボンベ1本分)程度必要な場合は、事前に(来所10日前までに)事務局までご連絡をお願いいたします。
手順とテンプレートを送付しますので、業者と直接やり取り、または、事務局が間に入って発注いたします。 BL担当者をCcに入れていただけると嬉しいです。

測定条件等の事前連絡をお願いいたします。
必要事項を事務局まで、ご連絡お願いします。

ビームタイムスケジュール

2023A期スケジュール

2023B期スケジュール

2024A期スケジュール

*2024年4月1日から、SPring-8⇔相生駅間のバス

ダイヤが変更となっています。下記URLよりご確認ください。

https://user.spring8.or.jp/?p=49424

bottom of page