top of page
  • tanaka196

【盛況のうちに閉会しました】FSBL第12回研究発表会

FSBL第12回研究発表会は、現地参加者78名、オンライン参加者76名の計154名にご参加いただき、盛会のうちに終わることができました。

ご参加・ご協力ありがとうございました。 フロンティアソフトマター開発専用ビームライン産学連合体 第12回研究発表会の開催を予定しております。

日 時: 2023年1月10日(火)~11日(水) 2日間    * 今回より、2日間に亘り開催し、FSBL参画全15グループより口頭発表を行います。

場 所: 京都大学化学研究所 おうばくプラザ 及び オンライン(ZOOM) ハイブリッド開催      京都大学宇治キャンパス 宇治おうばくプラザ 住所:〒611-0011 京都府宇治市五ケ庄      アクセス



主 催 :フロンティアソフトマター開発専用ビームライン産学連合体

協 賛 : (国研)理化学研究所 放射光科学研究センター 

(公財)高輝度光科学研究センター

(一財)光科学イノベーションセンター (一財)総合科学研究機構 中性子科学センター

(公社)高分子学会   (一社)繊維学会  (一社)日本ゴム協会 

(公社)日本化学会 日本中性子科学会  日本放射光学会

産業用専用ビームライン建設利用共同体(サンビーム共同体)

電気自動車用革新型蓄電池開発(京大ビームライン)

東京大学シンクロトロン放射光連携機構(東大ビームライン)

㈱豊田中央研究所(豊田ビームライン)

公益財団法人ひょうご科学技術協会(兵庫県ビームライン)


プログラム

総合司会 : FSBL運営委員会副委員長 山本 勝宏(名古屋工業大学) 受 付: 1月10日(火) 12:30~12:55

1. 開会の挨拶 

12:55~13:00 第12回研究発表会開会のご挨拶

   連合体代表 小島 優子(三菱ケミカル(株))

13:00~13:20 挨拶    

   古田 裕志 課長 文部科学省 科学技術・学術政策局研究環境課  

   石川 哲也 センター長 (国研)理化学研究所 放射光科学研究センター

   雨宮 慶幸 理事長 (公財)高輝度光科学研究センター

   高田 昌樹 理事長 (一財)光科学イノベーションセンター

13:20~13:40 FSBLの現況について

   連合体運営委員会委員長 竹中 幹人(京都大学)

2. 講演会 第1部

座 長 : 連合体副代表 小池 淳一郎(DIC(株))

13:40~14:40 (講演50分 質疑応答10分) 特別講演1 

「高分子材料の環境劣化とマイクロプラスチック」

  九州大学ネガティブエミッションテクノロジー研究センター  高原 淳 特任教授  

14:40~15:05(発表15分 質疑応答10分) 研究報告① 旭化成グループ

「 非溶媒誘起相分離過程の紡糸in-situ SAXS解析 」

 旭化成株式会社 基盤技術研究所 岩間 立洋

15:05~15:30(発表15分 質疑応答10分) 研究報告② 関西学院大学グループ

「 BL03XUの授業活用による人材育成の実践 」

  関西学院大学 工学部物質工学課程 ナノスケール構造物性研究室 教授 藤原 明比古

 

15:30~15:45 休憩

 

3. 講演会 第2部

座 長 : FSBL広報委員会 田口 健(広島大学)
15:45~16:10(発表15分 質疑応答10分) アドバンスビームタイム利用課題成果発表

 「 多糖誘導体であるカードランプロピオネートの溶融紡糸過程における結晶構造形成 」

東京大学 大学院農学生命科学研究科 生物材料科学専攻 助教 加部 泰三

16:10~16:35(発表15分 質疑応答10分) 研究報告③ 住友ベークライトグループ

「 電子材料用ネットワークポリマーの高次構造解析 」

 住友ベークライト株式会社 コーポレートエンジニアリングセンター 首藤 靖幸 

16:35~17:00(発表15分 質疑応答10分) 研究報告④ ブリヂストングループ

「 天然ゴムを平面伸長した際の亀裂周辺での マイクロビーム広角X線回折マッピング 」

 京都工芸繊維大学 大学院工芸科学研究科 バイオベースマテリアル学専攻 教授 櫻井 伸一 

17:00~17:25(発表15分 質疑応答10分) 研究報告⑤ 三菱ケミカルグループ

「 直鎖状エチレン系アイオノマーの構造解析 」

 日本ポリエチレン株式会社 青木 勝 

17:25~17:50(発表15分 質疑応答10分) 研究報告⑥ 東レグループ

「 Poly(ethylene terephthalate)繊維延伸時の構造形成と 延伸繊維の引張強度 」

 信州大学 繊維学部 先進繊維・感性工学科 先進繊維工学コース 教授 大越 豊 

4. 一日目 閉会の挨拶

 
17:50~17:55 閉会の挨拶 連合体運営委員会副委員長 秋葉勇(北九州市立大学)

5. 懇親会

    今回は中止します。      


6. 二日目 開会

9:00~9:25 受付 

9:25~9:30 開会の挨拶 

連合体運営委員会委員長 竹中 幹人(京都大学)

7. 講演会 第3部

座 長 : FSBL広報委員会 蟹江 澄志(東北大学)

 

9:30~9:55(発表15分 質疑応答10分) 研究報告⑦ 横浜ゴムグループ

「 時分割超小角X線散乱法を用いた一軸伸張下における SBR中silicaの分散状態の変化に関する研究 」

山形大学工学部 高分子・有機材料工学科 助教 西辻 祥太郎 

9:55~10:20(発表15分 質疑応答10分) 研究報告⑧ デンソーグループ

「 斜入射X線光子相関分光法による 熱硬化エポキシ樹脂薄膜硬化過程のダイナミクス評価 」

 東北大学 国際放射光イノベーション・スマート研究センター 准教授 星野 大樹 

10:20~10:45(発表15分 質疑応答10分) 研究報告⑨ 帝人グループ

「 pH調整したゼラチンゲルの広角及び小角X線散乱と 動的粘弾性解析 」

 帝人株式会社 構造解析センター 松井 一樹 

 

10:45~11:10(発表15分 質疑応答10分) BL03XU整備の状況

 「 ビームタイムの高効率化利用のための整備 」

ビームライン担当 (公財)高輝度光科学研究センター 増永 啓康

11:10~11:20 休憩

11:20~12:20 (講演50分 質疑応答10分) 特別講演2 

「 濃厚ポリマーブラシのソフト&レジリエント・トライボロジー                  -異分野・産学連携による展開- 」

  京都大学化学研究所 材料機能化学研究系 高分子材料設計化学研究領域  辻井 敬亘 教授


12:20~13:20 お昼休憩

8. 講演会 第4部

座 長 : FSBL広報委員会 西辻 祥太郎(山形大学)

 

13:20~13:45(発表15分 質疑応答10分) 研究報告⑩ 東洋紡グループ

「 アイソタクチックポリプロピレンα相結晶の秩序性と融解再結晶化 」

 東洋紡株式会社 総合研究所 山田 浩司 

13:45~14:10(発表15分 質疑応答10分) 研究報告⑪ 三井化学グループ

「 結晶性高分子のサブミクロンスケールの不均一構造の研究 」

 京都大学化学研究所 複合基盤化学研究系 教授 竹中 幹人 

14:10~14:35(発表15分 質疑応答10分) 研究報告⑫ 住友ゴムグループ

「 X線小角散乱-CT法によるフィラー充填系ゴム材料の フィラー不均一評価  」

 京都大学化学研究所 複合基盤化学研究系 准教授 小川 紘樹 

 

14:35~15:35     ポスター発表

 前半30分ポスターⅠ、後半30分ポスターⅡ


9. 講演会 第5部

座 長 : FSBL広報委員会 西辻 祥太郎(山形大学)

 

15:35~16:00(発表15分 質疑応答10分) 研究報告⑬ DICグループ

「 高分子電解質薄膜の調湿環境下におけるGI-SAXS/WAXS測定 」

 DIC株式会社 総合研究所 R&D統括本部 アドバンストリサーチセンター 田村 雄児 

16:00~16:25(発表15分 質疑応答10分) 研究報告⑭ クラレグループ

「 

表面性状が異なるフュームドシリカの混合による 高分子コンポジットの粒子分散状態と粘弾性特性 」

 三重大学工学研究科 分子素材工学専攻 教授 鳥飼 直也 

16:25~16:50(発表15分 質疑応答10分) 研究報告⑮ 住友化学グループ

「 逆空間の三次元測定によるポリプロピレン成形体の 構造解析手法の検討 」

 住友化学株式会社 エッセンシャルケミカルズ研究所 山口 大輔 

 

10. 総括

司会:連合体運営委員会副委員長 秋葉勇(北九州市立大学)

 16:50~17:10 総括 FSBL学術諮問委員長 金谷 利治 (京都大学名誉教授)

            堀江賞選考委員長  田代 孝二 (豊田工業大学名誉教授)

11. 閉会の挨拶

司会:連合体運営委員会副委員長 秋葉勇(北九州市立大学)

 17:10~17:15  FSBL学術諮問委員 西 敏夫 (東京大学・東京工業大学名誉教授)

 17:15~17:20  連合体代表 小島 優子(三菱ケミカル(株))

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年3月29日(金):SPRUC3研究会合同研究会 

SPRUC研究会 3研究会合同研究会へ主催団体として参画することとなりましたので、下記の通り開催情報をお知らせいたします。 ーーーー 各位 お世話になっております。小角散乱研究会の竹中でございます。 以下の通り、SPRUCの研究会である、小角散乱研究会、高分子構造科学研究会、放射光・中性子連携利用研究会では今年度の研究会として、合同で題記「SPRUC3研究会合同研究会」を下記のように対面で開催いた

Comentários


bottom of page